FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

またまた 陸上自衛隊レンジャーについて

このごろ やけにアクセス解析を見ると「自衛隊・レンジャー」という
検索ワードで入ってくる人が多い!!!!

レンジャーとは陸上自衛隊の訓練で、結構過酷なものである。

今思えば、自分でもよくやったなと思ってまうが、その気持ちさえあれば
なんでも出来てしまうのである。

ただその気持ちを持続させる、維持することが大変なのだ。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

2006.03.31 | Comments(0) | Trackback(1) | レンジャー

ナラボー平原

「シドニーからパースまで行こう」

と ケンに言われて15日後、ナラボー平原を突破して今エスペランスというちょっとした町に「ネーさん」と「ケン」と「俺」がいる。

 ここは日本を出発する前にインターネットで色々情報収集していた時に「ラッキーベイ」という 白い砂(鳴き砂)の綺麗な砂浜があったり、「ピンクレイク」というピンク色の湖が近くにあるということで印象に残っていた場所だ。

 ナラボー平原に行く前、この「殺人道路」を越えられるイメージが付かなかった。 20ℓガソリンタンクを2本積んで、10ℓの水タンクを積み、テント、食器関係(3人分)、包丁、コンロ、ガス6本、鍋、フライパン、まな板、食材(乾物関係)、毛布、釣り道具、エンジンオイル、ラジエター液、ブレーキオイル、ミッションオイル、ジャッキ、予備タイヤ、3人分の荷物、ネーさんのボディボード(屋根の上)、ネーさん等を積んでほぼ完璧な準備でトランクがパンパンで後ろが見えない状態で出発した。

が 問題はシドニーからアデレードまででも故障続きの車だった。

 結果 奇跡的にナラボー平原を走破したのである。

ほぼ気持ちだけで行けたのだ。


これから俺はエスペランス経由でゆっくり西海岸沿いを走って行くのだが、そこからが本当の「旅」になります。

 そして、この「きちがい日記」はまだまだ続きます。

ちなみに大学ノート1冊分のまだ10分の1くらいです。

今読み返してみると本当すげー経験をしたんだなと実感するとともに
日記つけててよかったなと思います。

 また出来たらしたいっすね~~~~

人気blogランキングへ 押してくれたら がんばれるかもしれません。


 



テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.31 | Comments(2) | Trackback(0) | オーストラリア旅

分かれ道!!エスペランスへ・・・

2005年2月19日 ラウンド15日目 



人気blogランキングへ 押してくれたら がんばれるかもしれません。

話は戻り 朝マデューラのキャラパーを出発!!
車の時計は11:00だったが  ここは西・・・・8:30出発!!

走っていると相変わらずカンガルーの死体・・・・・
その死体を突付いている「鳥」がいる・・・・・・・・・・
いつものカラスかな~~~~と 思って近づいてみると
  「あれ???!!! なんかでかくね???」
もっと近づくと
   「でかっ!!!」  ・・・・・ 鷲(わし)です。

ナラボー 恐るべし・・・・・

とりあえず 停止。

DSC05702.jpg


あまり写真に納めたくなかったが 風化しているカンガルーです。

このような現場が沢山あって、 ひかれたてのカンガルーだったり
内臓が飛び出てるものだったり、もう跡形もないが
影だけ残っていたり・・・・

  ん~~~ コメントはなしで・・・・

その後しばらくすると こんな看板発見!!
DSC05677.jpg


とりあえずノースマンに行くけど 相変わらず440kmって・・・・

ここまで来て 明らかに俺らの感覚がおかしくなっている。

 500km以内であれば「近く」感じるのだ!!!

ナラボー  俺らの「普通」を打ち砕く。

そして到着!!ノースマン!! 

DSC05769.jpg


ここもアボの町です。  
スタンドにてガソリンを入れ とりあえず 町探索。

はい ありました 遊び場!!!!
DSC05784.jpg


永遠に真っ直ぐかもしれません・・・・
DSC05796.jpg


ここの町も本当に何も無く、 夕方近くになって来たが
思い切って次の町へ 出発することにした。

すると  分かれ道じゃ~あーりませんか

DSC05777.jpg


右へ行ったらカルグーリ。
 そっちは ウェーブロック経由のパースへの近道。
へだりへ行ったらエスペランス。
 こっちは 波乱が起きそうなパースへの遠回り。

へだりに決定!!!

そして 夕日の危険な あれを抜け

夜 エスペランスのキャラパー到着!!!!

  そういえば ナラボー平原でこんなのも激写してました。(ねーさんが)

DSC05698.jpg


 なんぼ 注意すればいいんすか??

でかいです。
DSC05673.jpg


話は戻り 
エスペランスのキャラパーはでかい!!!そして人ごみ。

久しぶりの観光地だが 人が多い所がやけに気にかかる・・・・

 キッチンへ行ったら人だかり・・・・
  シャワーへ行ったら順番待ち・・・・

 大自然の一部になっていた俺達は 明らかな人工的な物に
嫌気がさしていた。

  就寝。

ちなみに今日は余裕で1000kmオーバーランでした。

人気blogランキングへ たすかります。


テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.30 | Comments(0) | Trackback(0) | オーストラリア旅

きちがい見野雄祐。

こいつが 真のきちがい かもしんないっす。

人気blogランキングへ やっぱり押してみて

test.jpg


BLUE BLOOD の 見野雄祐。

20050910191813.jpg


勝手に応援してるだけです。

20050910191718.jpg


人気blogランキングへ やっぱり押してみて




テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

2006.03.29 | Comments(0) | Trackback(1) | 見野雄祐

更新してなくてすんません。 

2005年2月19日 ラウンド15日目 夕方編



人気blogランキングへ やっぱり押してみて


DSC05871.jpg

これは ナラボー平原を制覇して、エスペランスに向かう途中の景色です。

綺麗だと思いきや!!!このまでの道が大変でいきなりのクネクネ道さっ!!!!!

と いう事は正面に太陽があるわけで・・・・・まぶしいと・・・

この前 っていうか昨日?? 夕日に向かって走っていたが その時
晴れていたら・・・・・・・・・

いや  まぶしすぎて、超危険!!!何も見えね!!サングラスも意味が無い!! 太陽の中から車が飛び出して来る!!まじ あびねっ!!
 
太陽に向かって車を走らせる事が今まで無かったと言うか、 この体験も 今考えればすごくいい体験だったけど、  まじ あびなかったっすわ~~
日本じゃあんまり無いことっすね~~  

太陽 すげっ

人気blogランキングへ やっぱり押してみて



テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.29 | Comments(0) | Trackback(0) | オーストラリア旅

オーストラリアで一番長い直線90マイル!!走破!

2005年2月19日 ラウンド15日目



人気blogランキングへ押さなくても可


どこのキャラパーもそうだけど日本じゃありえんくらいの
適当さでキャラパー大好きっす。まじで!!

 話は飛ぶが オーストラリアを制覇した後、すぐに日本縦断を
車でしました。その時思ったのが、日本ラウンドは
食器の洗う所に困る!!!  ということです。

俺とAkiは日本縦断中ジャスコさんとか道の駅さんにお世話に
なりまくったが、結局持って来たコンロ・鍋・フライパンetc・・
で炊事することは無かった。
洗う所が無いことや、日本のキャンプ場がベラボウな料金だった
ことから断念せざるを得なかった。  だってめんどくせーーもん!!

旅をするって事は少なからずとも今の環境からの現実逃避であって
その旅先でも日本のしがらみにとらわれたくないってのが本音である。

自分は日本の道の駅とキャラパーを融合させた施設があれば
日本を旅する人も行きやすくなって日本の活気が戻って来るんでは?
と思います。

話は戻り、ちなみにここのキャラパーの料金はたしか
16ドルくらい・・一人6ドル弱です。   安ぅ!!!!

しかしこのナラボー平原!!ガソリン代が半端ない!!
 ナラボーに近づくにつれ金額が上がってきた事には気付いていたが

アデレードで1ℓ89$ってのがあったのに
ナラボー平原の最高金額は 146$って!!高すぎっす。

俺らは20ℓタンクを2つ積んでガソリン臭い車内を我慢しつつ
走っていたが初めてのナラボーにビビッてそれを使わずに
毎回ぺトロールショップで給油していたが でも
さすがに146$って高すぎですわ。

そして
車を走らせる。

そして相変わらずのこれです。
DSC05684.jpg


ちなみにオーストラリアで一番長い直線です。
DSC05683.jpg

写真でも分かるように この看板を見てからすぐに停車して
ネーサン看板に大興奮だからしょうがなく行くことにしたんすけど

もうここまで来たら そんな事 どーでもいいですわ。ネーサン・・・


しかし!!

スモーキーベイからここまで果てしない直線なのにもかかわらず
平気で2時間3時間は「車」とすれ違わないのさ!!!

はっきり言って運転中、緊張感は無いのですが、車を走らせていて
大イベントが
ロードトレインとすれ違う時なのである!!!!

直線の遥か彼方でなんか来たな~~~~と確認してから
すれ違うまで10分~15分位は掛かるんです。(時速110kmですよ?)

それまで片手運転 or 足掛け運転なのだが
すれ違うまでのその時間は違う!!!!!

たかが車とすれ違うだけ・・・・・と思ったら大間違い

すれ違うほんの数秒で「会話」をするのである。

DSC05668.jpg



ハンドルを両手でしっかり握りしめ ロードトレインと
すれ違う時に気圧の変化によってロードトレインに吸いつけ
られるのだ。
 「おいーーーー!! お前 センターラインからはみ出すぎだって~~~~!!!   んで砂利飛ばしすぎだって~~~~!!!!!あびねーーから~~~!!!」
とまぁ 久しぶりの生命との遭遇で、すれ違う奴等の事を
しっかりと考えてやるのである。

 そして超危険なのである。  噂でも聞いていたがロードトレインの
飛ばしてくる砂利で、よくガラスが割れてしまうらしい・・・・

超厄介&超危険なのである。

そして、そのすれ違う時に ドライバーに向かって「手」で挨拶をする
のだが、たまに無視されてガッカリすることもある。

つづく。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.22 | Comments(8) | Trackback(1) | オーストラリア旅

豆知識

オーストラリアには7つの州がある。人気blogランキングへ押さなくても可

ニューサウスウェールズ州
クイーンズランド州
ヴィクトリア州
南オーストラリア州
西オーストラリア州
ノーザンテリトリー州(北部準州)
タスマニア州
と 首都特別地域

1つの国なのに州ごとで時差がある。

こまかいことは地球の歩き方に書いているのだが
どんな資料にも書いていないことを俺らは発見した。

それは南オーストラリアと西オーストラリアの境目の所・・・・・

クジラ(マスコット)の居た、EUCLAという町だ。

南オーストラリアと西オーストラリアはソートー広い!!!
そしてここはその丁度真ん中らへん・・・・・

っということで単純なオージーは考えた。

わかりずらいですががこんなの撮りました。

DSC05615.jpg


これはナラボー平原のど真ん中のクジラのペトロショップなのだが
アデレードとパースの間にここの時間があった。

丁度時間もアデレードとパースの間の時間です。

時計を飾ってる所はいかにもオージーの考えそうな所だが
実際、どんな資料にも載っていない事だったので、ちょっと
ビックリした。

ただそれだけです。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.20 | Comments(4) | Trackback(0) | オーストラリア旅

夜の部。  今日は26時間30分!!!

2005年2月18日 ラウンド14日目   人気blogランキングへ押さなくても可




名も無き所を通り過ぎ
南オーストラリアの果。ボーダーラインの検疫所に到着!!
P2180081.jpg

ボーダービレッヂ・・・・・・・ふざけた名前だ。

ここから西に入のだが果物、植物の種、生野菜は持ち込み禁止って
ことで、しぶしぶ捨てることに・・・・

リンゴを投げるケン。
P2180083.jpg


ドキドキしながら検査を受けてみると、デブのオバちゃん登場!!
早速チェック!!!
P2180086.jpg


チェックが終わりオバちゃんが「写真とってあげるから、車に手を付けて取調べをしている態勢になりなさい。」とのことで

記念撮影。
P2180090.jpg

結局オバちゃんの自己満足により南オーストラリア終了!!!

そして西オーストラリアに入りやす!!
DSC05603.jpg


西に入った瞬間、2時間30分時間が戻る・・・・・・・
変な感覚のまま走り出す。

ボーダーラインを過ぎ、しばらくすると
ペトロショップにてクジラ発見!!!!

ってか何故クジラ????????
DSC05611.jpg


ワンピースという漫画がある。
海賊が財宝を求め世界中旅して周るのだが
その入り口であるグランドラインという海流に入って、
下っていくと、クジラがいるのである。

ワンピースの作者もここへ来たか・・・・・・・

そしてこんなのも発見!!!
DSC05610.jpg


ここまで来たら後戻りは出来ないっす。

その後ひたすら車を走らせ、腹が減って来たので
途中のパーキングエリアに着くと
もうすでにテントを張って泊り込む準備をしている
旅人がいたが、腹が減ってたのでそんな事はどーでもよく
ウーリーのラーメンを食うことにした。

車の中から食材を取り出そうと思ったら、たまねぎ発見!!!!
「オバちゃん適当だな~~~~~」 笑  と和やかムード。

そして俺らがひたすらコンロでお湯を沸かしてたら
ネーサン一人。手伝いもせずで木を燃やしてたので
しかたなくそこに鍋を置くことにした・・・・・・・

DSC05644.jpg

長い沈黙の後、全然遅いのでコンロに戻しウーリーラーメンを食う。。

そして今日はマデューラという所まで行こうとの事だったので
また走り出す。

しばらくすると、日が暮れそうになる。

DSC05649.jpg


この写真で見えるだろうか????

この夕日に向かって走っているこの道路が。

この道路じたい真っ直ぐに西に向かっているのでその先に

太陽が落ちるのだが、山の多い日本じゃまず見れないだろう。



そして暮れる。

DSC05650.jpg


うすうす感じていたがなんかヤバイ様な気がしてならなかった。

本当になんか出そうな雰囲気になり車を走らせていると
やはりオカシイのである。

この真っ直ぐな道路の両脇がまるで飛行機の滑走路並みに
光ってる!!!!!
 「おいーーーー!!!かんがるーーーーじゃん!!!」
道路の両脇で目を光らせ待っているかのようにウジャウジャ
居るのである。

俺らは「こいつら来るなよーーーーー」と願いながら
走っていると右からウサギが・・「うわーーーーーーーーー」
車の下に入った・・・・・が 踏んだ感触は無かったので
ギリギリセーーーーフ!!!!! 心臓バクバク!!!!
するとピョンピョンともうすでに車の目の前にカンガルー!!!!
「ぎゃーーーーーーーーーーーー!!!!!!」
ケンが叫ぶ。
俺はブレーキを掛けつつハンドルを回し、「ヤバイ」と感じた
カンガルーもスピードを上げ本当にギリギリ10cmくらいの
所で殺し損ねた。

その時俺の中でフラッシュバック!!!!・・・さっきの
パーキングエリアでテントを張ってた旅人の事を・・・・・・・

「ナラボーーー恐るべし!!!!夜はやばいと・・・・・」

車のスピードを110kmから80kmに落とし

光に寄ってくる虫のごとくカンガルーやワラビー共が
突撃してくるのをかわしながら ようやくマデューラに到着!!!

疲れ果てた俺達は生まれて初めてこんな長い一日を送ることになった。



テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.20 | Comments(0) | Trackback(0) | オーストラリア旅

地名も無い所で。午後の部 つづき

2005年2月18日 まだラウンド14日目 




とにかく風がハンパない!!!!

が 風が止まったらこいつはどうなるんだろうか??
DSC05504.jpg


そして 気付けばネーサン入る。
P2180069.jpg



でもっすよ?? こんな近くに海があったことに気付かないのって
 すごくね?????   一見あたり一面地平線のはずが
崖の高さで海が見えなかった・・・・・・・・・・
  スケールでかすぎっ!

こんなんだから納得っすわ。
DSC05537.jpg



でも本当にこの一瞬一瞬を感じれる凄さ。

生きていて良かったーーーーーー!!!!って本当に
思えることの素晴らしさ。

なんか、力が込み上げて来て、ちょっとニヤケて来る
様ななんとも言えない、叫びたくなるようなこのムズムズ感!!

すばらしいっす。

死の一歩手前です。

テーマ:ワーキングホリデー - ジャンル:海外情報

2006.03.18 | Comments(0) | Trackback(0) | オーストラリア旅

午後の部  死と向き合う。

2006年2月18日 ラウンド14日目 午後の部




ようやくナラボーに入りました。!!!!
DSC05462.jpg


いやいやここまでも長かったってのに これからナラボーかいっ!!

これがナラボー平原です。

DSC05453.jpg


横を向くとこれです。

DSC05410.jpg


ナラボーときちがいです。
DSC05446.jpg


ナラボー看板を通りすぎ、「あーーーあのナラボーに入ったんだーー」
と実感はしてみるが、たいして変わらない道でそんなに気分は
高まらず、ひたすら走る。

ひたすら走っていると左側に小道が何本も出ている事に
気付く。

そして行ってみる。

DSC05498.jpg



ドカーーーーーン 来ましたっっ~~~~~~

   来たーーーーーーーーーーーーーー
って感じです。

やばい ここの事は俺のスペックじゃ表現できないっす。

P2180061.jpg


この現実感のなさ!!!!!!

俺らは叫んだ!!!! 

DSC05551.jpg

いやいやこれはありえないっしょ!!! しかも風ハンパない!!

  いやいや「お前アブねーからっ!!!!」って言いながら
写真撮ってるお前もアブねーからっ!!!!!!

 さっき立っていた所が風によって侵食されていて
いつ崩れてもおかしく無い状態の所が全部なのだ!!!!!
すなわち 今 立っている所も危険っちゃ危険なのである。
 
すなわち、この崖自体が危険度満点なので、
そこに足を踏み入れたら何処にいても死と隣り合わせだった。

そしてはしゃぐ俺、
P2180062.jpg


グレートオーシャンロードが子供に見える
この景色。

あそこは人間が道を作って柵を設けて危険対策はしているが

ここは違う!!!

気にかけるのは己の注意力のみだった・・・・・・

そして俺らは今まで知らないところで誰かに助けられながら
生きて来た事を実感するのである。

一歩間違ったら死。 ここでもし何かあって俺がここに
落ちたとしよう・・・・・ 誰も気付くまい。

そして反省。
DSC05568.jpg

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.18 | Comments(2) | Trackback(0) | オーストラリア旅

ナラボー平原突入!!午前の部。 己の小ささと向き合う

2005年2月18日 ラウンド 14日目 午前の部




今日はとうとうナラボーに入る日だ。
Smorky Bayを出発し、セドゥーナという小さな町で
買い物をしていると今まで見てきた町とは少し違う様な
感じがする。

町のスーパーに入り、ウロウロしていると
何故か視線が気になる・・・・・・

見る全ての人がアボリジニーなのだ。

アジア人が珍しいのかジロジロとよそ者チックな
目線で見られまくりで 全然落ち着かなかった。

セドゥーナをあとにし俺の運転で車を走らせていると
通り過ぎた道端に、ウンコの様な動いている様な影が
見えたような見えなかった様な・・・・・・・・
 普段なら気にも止めない物なのだが
ここは境地・・・・・・・・・・
 すかさず車を止めバックミラーを覗くと
やはり動いている。
 その物体を発見してから停車するまで時速120kmで
走っている為、その物体は豆粒程度の大きさではあったが
そこまで徒歩で行くことに・・・
すると
DSC05403.jpg

ツチノコに足が生えた様なトカゲに出会う。

ブルータン・・・・・そいつは怒ってた。
DSC05402.jpg

紫の舌を見せ付けて俺達を威嚇するが、まったく効果なし。

DSC05399.jpg


その後ペトロショップでディンゴに出会う。

DSC05491.jpg

俺はあまり興味なかった(知らなかった)が
ディンゴは凄く珍しい動物らしくオージーもあまり
見たことが無いとの事だった。
 ケンがディンゴに近づいて行き、餌付けをしようとしたその時
「手~~食われるぞ!!!!!」っと どっかのオッサンに
怒られるのである。

ガソリンを入れ出発すると
ナラボー手前だと言うのにチャリンコ(自転車)で移動している
奴と出会う。

DSC05421.jpg

このオジサンは63歳。 パースから来たらしく
パースに向かってるらしいのだ・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 いや意味分かりません。
パースから  パースって    一周じゃないすか!!
オーストラリアを時計回りで自転車を走らせ
もうすぐゴールだそうだ・・・・・・・・・・・

  まじ世界は広いっすわ。

そのオッちゃんは笑いながら俺らを見送った。

するとまたなんかいる!!!

DSC05430.jpg

こいつはケアンズから来たらしい。

  たいしたこと無いじゃん!!!!
っとは絶対言えない・・・・・・・・・・

 たかがシドニーからここまで俺らは車を使って来たが

俺らが1日で走れる距離をおそらく3日から5日かけて
走ると思われる・・・・・


シドニーからここまで、俺がチャリで来たとしたら、
      
      すんません。想像出来ません。
       
       自分がチッポケでした。
        
   もし、オーストラリアを車で1周しても
         
         自慢はしないでおきます。


そしてまだ午前・・・・・・



 

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.18 | Comments(0) | Trackback(0) | オーストラリア旅

自衛隊のレンジャー教育について

akiのリクエストにより今日は陸上自衛隊レンジャーについて
書いていきたいとおもいます

あまりベラベラと本当の中身をここで書いてしまったら、

正直、まずいと思います。 っていうか 書けないです。

感覚的な物だから その感覚は文章に出来ないのが正直なところです。

しかし これからレンジャーに行きたいと思っている
方!!!   
先輩の話を聞いて「きついんだろーなー」と
思っているとは思うが
そのイメージしている100倍はきついです。

想定訓練中、自分の足の爪は無くなりました。

本当に食のありがたさが理解できると思います。

崖を歩いてる最中「あーーー楽になりてーーーー」と思い
体が中に浮くでしょうが、人間たいがいの事では
死なないんだなーーーーと感じるでしょう。

きつくて、本当にきつくてあなたは気絶したふりを
するでしょうが、本当に泡を吹いて倒れている奴の
荷物は助け合って持ってあげて下さい。
 そして 誰も助けてくれないでしょう・・・・・
なぜならみんなきついからです。

卒業時、体重を測ってみたら普段63kgくらいの俺が
40kg。  性格に言うと39.9kgでした。

ですが卒業すれば、「あーーー あの時もっと出来た」
と感じるでしょう。

そんなこんなで 的を得ないブログになってしまいましたが

レンジャーがカッコイイ!!と思えば行けばいいし、
陸曹になれるから行っとけ!!ってのもヨシ!!!

とりあえず俺は陸上自衛隊に入ってレンジャー卒業を目標に
やってきて、卒業したから自衛隊を辞めました。

 そんなのりで人生楽しんでます!!!!

ひとつ心残りは、レンジャーの助教には行っておいたら
良かったと思ってます。


テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

2006.03.15 | Comments(18) | Trackback(1) | レンジャー

スモーキーベイ!!!

2006年2月17日 ラウンド 13日目




ひたすらポートオーガスタから走っている。

人間というものは本当に欲望高い生き物だ!!!!

こんな凄い景色を見ても驚きが薄れてくるのが不思議だ

正直こんな風景はもうおなか一杯っす。
P2160009.jpg


時速110km/時で走っているんだけど、止まっているような
感覚・・・・・ すれ違う車もほとんどないので緊張感ゼロ。
P2170011.jpg


道路の走っているとカンガルーの死体、ワラビーの死体が、
3kmおきにあるのをかわしながら運転し、
途中の休憩所で こういう物が落ちている。。。。。
P2170015.jpg

大自然っす!!!!

途中のロードハウスでペトロ(ガソリン)を入れ、
俺らも燃料補給!!!
激うま~~~~~~~
DSC05333.jpg


そんなこんなの10時間走破でやっとの思いでスモーキベイに到着!

なぜスモーキーなのかは意味深だがとりあえずレセプションに・・・

DSC05369.jpg

この海には サメが出るそうですね~~~~~。。。

とりあえず海に漂ってるペリカンを捕まえに行ってきます!!
DSC05359.jpg

画像を大きくして ペリカンとペリカンの間にいるのが きちがいです。
結局 潜水を使って近づくもののあっさり逃げられる・・・・

海の中で一人ぼっちになった俺は急に寂しくなり
ダッシュで戻る。
DSC05367.jpg


キャラパーに戻り飯を食って、海を見ると夕焼けが綺麗なので
激写!!!!

DSC05375.jpg

 いやほんといいカメラがほしいっす。

テーマ:裏海外旅行情報 - ジャンル:海外情報

2006.03.12 | Comments(4) | Trackback(0) | オーストラリア旅

アデレードから ポートオーガスタへ

2005年2月16日 ラウンド 12日目




車の中で目覚めバッパーで飯食って洗濯物取り込んで
人と喋って、11時に出発することになった。

いやいや ここのバッパーにはお世話になった。
ここはアップルパイが出るバッパーだが
隣にあるバッパーはチーズケーキを出すらしい・・・・
  そんなことはどうでもいい。

「ピーター!!またタダでアップルパイ食べにきますんで、そん時は
宜しくっす。」と   言葉には出さず何も気付かないピーターと
固く握手をするのである。  すいませんでした。

カンガルー島で鍛えられた俺達は水、食料、テントを張る為の杭、
などの買出しに行こうと思った   その時

車の下から綺麗な緑色の液体がこぼれている。

その時のケンの様子です。
P2160004.jpg


朝からブルーっすわ。

とりあえず応急処置!!!!  っていうか何処からラジエター液が
漏れてるかわからん!!!!  

自衛隊を思い出しました。


結局、ラジエター液に気をつけながら走ればいいんじゃね???
 と   適当な結論。。

そして買出しを終え、またバッパーに戻りトイレットペーパーを
頂戴してから  2:00 アデレードOUTっす。

 調子よく走っていると なにやら車内が暑い!!!!ってか
熱い!!!    「と・止まりますか。」

また煙が!!!!

結局 ネーサンはカンガルー島に見せられ、ケアンズから一緒に
来た旅仲間を捨てて、この車に便乗することに・・・・・・

不安そうに写真をとるネーサン・・・・・   色々いい写真を
撮ってくれて まじナイスっす!!!

とりあえずエンジンを休ませ、「こんだけ休んだら大丈夫だろ?ジェイソン???」 と 車に話しかけながら進むことになる。

途中 汽車と通りすがるんだけども
なんとも長いこと長いこと。荷台には色々なカラフルボックスが
積んである。

これです。
カラフルな汽車の荷台でした。


そしてポートオーガストに着き、ビジターセンターに行くが5時を
過ぎてて情報集められず・・・・・・
そして俺は壊れた助手席のドアを直そうとしてネジを外してみたら
修復困難な状況になってしまい、まじがっくし。。。。

結構へこんでる俺。
DSC05247.jpg


キャラパーに着きとりあえずこんなんがあったので
やってみました。
DSC05249.jpg

気持ちは紛れず・・・・・

 飯を食ってキャラパー近くのパブに行きカスクワインを16ドルで
買ったらまじ旨い!!

 しかし なんかカンガルー島が良すぎたせいか
気持ちみんなのテンションは下がり気味だ。。めっちゃアリいるし。

正直 今日でワーホリ1ヶ月が経ちました・・・・・・・
 いきなりワーホリ来て1ヶ月でここにいる人は今までで
いたのでしょうか? とケンとネーサンと話してみるが
答えは「 いないんじゃね?????」

これからナラボー平原を渡るにあたって色々な噂話が飛び交ってて

ラクダが歩いているだの、いきなり季節が変わるだの、
 雷が車に直撃するだの、いきなり砂漠になるだの、
俺らもそんな情報はあてにしてないが、なぜかハプニングを
期待してる俺はおかしいのだろうか????

 なにが起こるか分からないっすよ。  だって俺、2週間前は
シドニーに居たし、その2週間前は札幌にいたし、
まじ頭がパニック起こしそう・・・・・・・・・

なにが現実なのか分からなくなってきている今日この頃です。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報

2006.03.12 | Comments(0) | Trackback(0) | オーストラリア旅

カンガルー島!!終了~~~

2005年2月15日 ラウンド 11日目




朝の8時半に起床し、11時30分のフェリーを電話で予約!!
2時間のカンガルー島ラストRUN・・・・・

するとフェリー乗り場でこんなトラックを発見!!

こんなん
どなどな


そして
うつろな瞳
俺はどうすることもできません。

俺達はどうすることもできないんです。

このカンガルー島・・・ 以前はオーストラリア本土のコアラ人口
が減って来た為、この野生の王国の島で繁殖させてから
本土に送り込んでたらしい・・・・・・ ま この大自然の中で
カモノハシやペンギン・トド・アシカ等などが生息している
こんな カンガルー島    
  お世話になりました!!!!

アデレードに戻って来たのは、午後3時頃。

先日泊まっていたバッパーに行って、アップルパイとシャワーに
タダで入って今日はケンと2人で車の中で寝ることにした。

バッパーのテラスでのんびりビールを飲んでいたら
なにやら怪しげな アジア人の老人が座ってる。

彼は「ヤッサン」・・・・73歳。 日本人!!!
50歳の時からのトラベラーをしているらしく
色んな情報を俺らに伝授してくれた。

俺らは普通の疑問で どのようにして23年もの間、仕事も
しないで旅をし続けれるのか訪ねてみた・・・・・・

すると彼は俺らに語りはじめるのである・・・・・・

ヤッサン:「ニュージーランド銀行の利回りって何%か知ってるか?」
 俺ら :「知らないっす。」
ヤッサン:「6%だから 4000万円貯蓄してたら月の利息が20万ちょっとなんですよ。  ホ ホ ホーーーー~~~」

 んーー確かにそのくらいあれば食べて行く事はできるなーーーと
妙な納得感。

日本にもユースホステル協会があるとか、しかも全国に300箇所あるとか、 YHAカードもそこでは使えるとか、 俺らはてっきりユースホステルは海外しかないと思い込んでたので 日本にもあるって事がビックリだった。

ヤッサンと俺

いつもはハットを被っているがこの「ヤッサン」と
出会ったワーホリの人々も多いことだろう・・・

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.12 | Comments(3) | Trackback(0) | オーストラリア旅

カンガルー島制覇!!

2005年2月14日 ラウンド 10日目




昨日のコアラのせいで夜更かしをしてしまった為、
昼の11時に目が覚める。

テントをたたみ初っ端はアドミラルズアーチというアシカやトドが
いる洞窟に行くことになった。

アドミラルズアーチへ


しばらく歩いてみるがアシカらしい声も聞こえないし
景色がすばらしいし、全然動物がいる気がしない

DSC04932.jpg


そして作られた道を歩いているとアシカらしき声が・・・・
 走った・・・・・・
いました!!!!ウヨウヨ!!!
なんか動物園でしか見たことなかったから 野生なんだけど
野生の気がしない・・・ んーーー 普通にトドが海を泳ぎ回って
るんだけど ここで人間が海水浴をしたらどうなるんだろうか??

あきらかな野生に 感動。

そして道を下っていくと洞窟があった。
アドミラルズアーチ
アドミラルズアーチ


そこに着くと近くに子供のトドが横たわってたので柵を越えて
トドとの記念撮影をしに近づいてみる。 かわいらしい子供のトドの
体長はだいたい俺と一緒くらいかな?体重は200kgってとこかな?
 子供のシーライオン


近づくと それまでかわいかったはずのトドが
「キシャーーーっ!!!」とエイリアン並みの歯茎を
俺に見せ付けるのである。

まじビビッて 後ずさったその時 右足が
「ずぼっ。」・・・・・・・・・・

ぬかったそこの感触は明らかに普通の水溜りじゃないことは
分かった。
 ゆっくりとぬかるんだ所を覗き込むと
表面は半透明のゼリー状の液体で、その奥はなんとも言えない
黒茶色い繊維状のカスの塊なのであります。
 「隊長!!!!  自分の右足はもう駄目っす!!!!」

ぬかるみからゆっくりと右足をぬいてみると 今度はやはり
 「くぅぅぅせーーーーーーーーーーっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

半透明なゼリー状の物と茶色い繊維状の物体が絡みついた
俺の右足は 動物園のあの独特な匂いの1億倍の異臭を
放っていた。

何億年級のアシカの肥溜め

はっきり言って、いつゲロが出るか分からない状態で
 来た道を小走りで戻り、車に積んであったみんなの大切な
飲み水を使ってボディソープで洗って診るが
全然効果なし・・・・・・

大事な水をすいません


まじ臭い俺は当然車内に乗せてもらえることもなく
車の上に捕まって 次の目的地に行くことになった。

その途中の風景が異常にすばらしいが俺の気分は優れません。
道路のウネウネがなんとも言えないっす。

画像を大きくして見ると道路のウネウネが見えてよろしいです。


リマーカブルロックスは スゲーー!!
P2140250.jpg

なんか デカすぎる岩が あたかもそこに誰かが置いたかのように
転がっている。

P2140252.jpg


深く考えても始まらないので 記念写真を撮り、
次の目的地 リトルサハラへ!!!!

リトル麻原


リトルサハラへ行く途中のビジターセンターで「リトルサハラは何処??」っていう質問を
 「Do you know the way to Little 麻原???」
その子はしかめっ面で「What?!!!」    わらた

まじ今日は天気がよくって、っていうか良すぎて激熱!!!

とりあえず砂丘の頂上まで行ったが やはり砂漠だ・・・・」
喉がからからになり水分がほしくなったので

 最高の贅沢をしてやりました。
大贅沢!!


砂丘で大暴れし、足の匂いも落ち着いた俺は
また調子にのって 牛の餌を作ってやりました。

これです。
DSC05120.jpg


そんなこんなでキングスコートに戻って来て、キャラパーに
テントを張って大満足なカンガルー島に乾杯っす。
DSC05136.jpg

テーマ:海外で働く人々 - ジャンル:海外情報

2006.03.12 | Comments(0) | Trackback(0) | オーストラリア旅

まだ2日目。キャラパーにて

2005年2月13日 ラウンド 9日目 夕方




ストークスベイに感動しながら、またあの砂利道を戻る。

戻り道も砂利


ガガガガガゴガガガガッゴガガガッガガガガッガゴゴアガガガッガg
 
が 2時間続く。   

やっとの思いで舗装道路に出て 車 チェック!!!!!

その後はすんなりフリンダーズ国立公園まで行くが
今日まだ飯食ってないことに気付き、さっそく「キャラパーに行って
飯を作るべ」って事に・・・・

するとコアラウォークっていう名前のキャラパーがあった。
ワラビーがウジャウジャいる中、動物をを轢かないように車を止め
レセプション(受付)に行こうと思ったら、
 
 なんか大きいワラビーが寝てる!!!!!

っていうか これ カンガルーじゃん!!!!しかも初!!!

尻尾を触って見ると筋肉でした。ガチガチだし!!
 なんでもカンガルーは本気をだしたら尻尾のみで全体重を
支えるらしい・・・・・  

     「なんじゃここは???」   と思って
パッと振り返ると・・・・・・「え~~~~~~~」

「コアラが地面歩いてる~~~~!!!!!」 しかも 初~~~!!!
    大興奮で追いかけると

   「コアラが 走った~~~~~!!!!!!!!」
 めっちゃ逃げる 逃げる (人の小走りくらいの速さで・・笑)

逃げ惑うコアラ
逃げ惑う コアラ




木に登り ちょっと一息・・・・・フーーーーー
ほっとする コアラ



って  全然 逃げ切れてねーーーーーの!!!!! 大爆笑!!
「安心するの早いだろ???」


 そしてテントを張り 一息ついてから、初料理でパスタを
作ることになり、コンロでお湯を沸かしパスタを茹で、
ニンジン、たまねぎを炒めて、缶詰のミートソースを入れ
完成!!!!
 激ウマ!!!
  言うまでもないが
その間ずっと ギャラリーにはカンガルー、ワラビー、コアラがいる。
手なずける 俺

そして 手なづける・・・・・

夜になると ポッサム君が寄って来たので またポテチで甘やかす。


そんなこんなで 1日中大興奮だったのだが、
 夜になってからやけに 見えない所の、遠くの方で
ブタみたいなイノシシみたいな 凄い低い重低音な鳴き声がする。
   こえ~~~~・・・・・・

テントに突っ込んで来たらヤベ~~

 遠くで低い鳴き声がする中、夜中にケンとテントの中で
深い話をしているとテントの周りを動いている奴らがいる!!!

テントから出てみると、野生のカンガルー達!!!!
 あいつら夜行性だから昼間はグータラなんだけど夜になったら
やたらアクティブだわーーーー。 俺らと一緒!!

 またテントの中でケンと深い話をしていたら、今度は
近くで あの重低音な鳴き声!!!!!  「こえーーー!!!!」
 その鳴き声が だんだん近くから聞こえてきて
恐る恐るテントのチャックを開けて顔だけ2つ出して
見てみると  
    マジあせった!!!! 大の大人が2人してビビッてたのは
なんと 「コアラ」だった・・・・・・・
 よくよく見てみると いつもは木の上にいるコアラが集団で
地面に降りてきてて、 人間で例えると、会社帰りのおっさんが
道の隅っこでゲロを吐いているかのように、
 「いや~~~ユーカリ食いすぎた~ヴォえぇぇぇ!!!」って
やってるみたいで 俺らはそんな奴らにマジでビビッてました。

コアラにむかついて 就寝。 くそっさすがコアラウォーク・・・・


 

テーマ:ワーキングホリデー - ジャンル:海外情報

2006.03.12 | Comments(0) | Trackback(0) | オーストラリア旅

カンガルー島2日目

2005年2月13日 ラウンド 9日目



結局昨日はテントは張らず、車の中で寝たので体が痛いっす。

広場を出発してキングスコートって所に行こうと思い車を
走らせると 道がどこまでも続いている・・・・

カンガルー島っていう島は意外とデカイっすわ。

途中 丘を越えたら絶景!!丘を下るその先は広大な大地と海!!

360度超パノラマ


上の写真は ちょっとした山を登ってみたら360度超パノラマ
ポイント写真ですが、 これも このカメラじゃ伝わらずっすわ。
 
たかがキングスコートまでの2~3時間程度の道のりなのだが
景色の壮大さに圧倒されまくりです。

 キングスコートではKマートみたいなお店で懐中電灯を購入し
VISITOR CENTREで情報収集をし、少し彷徨うが
ここには何も無いとの判断で 昼にストークスベイという
「洞窟を抜けたらシークレットビーチ」と
言われている所に向かうことになる。

2時間くらいかけて向かっていると、その先はいきなり
砂利道!!!!いきなり砂利道


この車にこんな凸凹道は走り切る事は出きるんだろうか??
 という不安の中、ゆっくり慎重に走ってみる・・・・・が
どんどんと凸凹が荒くなって来る!!! 
 日本車ならなんなく進めるなんて事無い砂利道なんだが
なんてったって 走行距離は 30万kmでメーターが
壊れてから何年走ってるか分からない車だ。

ちなみに俺の予想は軽く 50万kmは行ってると思う。

 リアルに考えてシドニーを出発した時から調子の悪い
この車が砂利道を走れるはずが無い!!!!と思うのが
普通なのだが   そんなことは どーでもいい。!!

 ワラビーの死体達をかわしながらやっとの思いで
到着すると、 なんか 汚ねーー泡立ってる海があった・・・・

 少し歩いて見ると、岩と岩の隙間を発見!!!ストークスベイ 入り口


行ってみたら マジ狭い!!!人が一人通れるか通れないかの狭さ!
途中


「崩れてきたら 俺達死ぬな・・・・」と2~30m歩くと


出口


「なんじゃこりぁぁぁぁ!!!!」 「すげーーーー!!!!」
まーーじ 入り口はここしかない シークレットビーチ!!!
ねーさん はしゃぐ


居るのは俺達のみ・・・・

 凄いっす。 カンガルー島。

テーマ:ワーキングホリデー - ジャンル:海外情報

2006.03.12 | Comments(0) | Trackback(0) | オーストラリア旅

カンガルー島へ!!!

2005年2月12日 ラウンド 8日目



朝早くアデレードを出発しカンガルー島まで行くフェリー乗り場に昼の
11時に到着したが、出発は夜の7時らしい・・・・
ケープジャービスのフェリー乗り場


  俺ら「え~~~~~~」はりきりすぎじゃん!!!めっちゃ暇じゃんってことで、ケープジャービス周辺を探索することに・・・・

来た道を少し(20~30km)もどりインコの群れに遭遇!!!
  軽く10000羽いた・・・・・
 これを日本にもって帰ったら 売れるんだろうな~~~と思いつつ
車を走らせると、 やたら痩せ細ったロバに遭遇!!!そしてロバとタワムレル・・・・・

ろば


そして何もない事に気付きケープジャービスに戻ったのが4時・・・・

出発までまだまだ時間があるので仕方なく
あまり書いてなかったアデレードの出来事を書くことにします。

2月9日の夜にアデレードについてアップルパイが出るバッパーに
泊まることになった。 そこには色んな人が泊まっていて
フランス人、スイス人、イギリス人、韓国人、日本人が居る。

その夜、ピーターの作るアップルパイに満足した俺たちは
パースまで行くための「危険地帯ナラボー平原」と
次に行きたい目的地のカンガルー島の情報収集のため色んな人と
話をすることにした。

すると色黒のやたらボーイッシュすぎるほどの日本人女性と
話がかみ合い、「じゃーー一緒にカンガルー島 行くか???」
って事になるのである。

ちなみにカンガルー島行った後、すぐナラボー平原ぬけて
パースまで行くけど一緒に行くか?????ってことに
なるかもよ?    ってな具合の事を話すと

その女性はケアンズから一緒に旅してる相棒が居るらしく
その子も連れて行きたいけど、俺らの車はせいぜい 
もう一人くらいしか乗れないので そーとー悩んでた。
「考えとく」との事らしいが 

 ケンと俺の予想は

その相棒を見捨てて「パースまで来るんじゃないの?」と
心の中で思ったが、 まず女性って事もあり
カンガルー島で様子を見ることに話がまとまった。


ってな訳で 今はケープジャービスに新しい仲間の

「ネーサン」を引き連れて いざカンガルー島へ!!!

 いざカンガルー島へ!!!乗船!


45分かかって到着すると もう薄暗く、早くキャラバンパークを
見つけなければならなかったので地球の歩き方に乗ってる
キャラパーの所に行くと、  無い!!!!!

何処を探してもそれらしき物も無いので、向かいのカフェに
聞き込みをすると、なんと潰れてもう経営を止めたらしい・・・・・

 おいぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!地球の歩き方!!!!!!
情報が古いんじゃ!!!

と言っている間に夜になる。

仕方なく、普通の公園の脇に車を止めて、そこらへんで炊事を
することになったので、公園を探索すると・・・
 コンロはあるわ トイレはあるわ 流し台はあるわで
ルンルン気分で 辛ラーメン!!!!!

初めての炊事。

辛ラーメン!!!激うま

野良犬。

 貴重な食料を狙ってる野良犬君。

腹が膨れて大満足の俺たちは、夜のドライブに出た。

すると
初 ワラビー!!

 初 ワラビーです。  しかも ウヨウヨです。

大興奮の俺たちは調子にのって山道へ入り

真っ暗な道を車のヘッドライトひとつで突っ切ると
 何も無かった。

ちぇっ    っとなり 車のライトを消してみると・・・・・

      言葉が出ません・・・・・

空を見上げると 俺の友達の長谷川って奴のソバカスよりも多い
星の数!!!!  本当にオリオン座が何処にあるか分からない
位の数で 普通に天の川が流れてる。そして初、南十字星。
  これには本当に心から 超 感動した。

 地面に寝っころがり 1時間は空を見上げ 別にロマンチスト
でも無い俺が ロマンチックな気分にひたり、大満足でした。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.12 | Comments(0) | Trackback(0) | オーストラリア旅

アデレードはゆっくりっすわ

2005年2月11日 ラウンド 7日目



P2100156.jpg

昨日行ったサウスオーストラリア美術館、ピカソがあるとのことだったが発見できず!

昨日スターターが死亡し部品を取り寄せてもらうことになり今日復活した!!!! 改めて こいつ(フォードのフェアモント)に名前を付けることに   
命名 ジェイソン。      昨日の夜 ケンの彼女がこれで行けばとの事です。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.12 | Comments(0) | Trackback(0) | オーストラリア旅

アデレードへ!!!

2005年2月9日 ラウンド5日目



グレートオーシャンロードはヤバカッタ!!!

まだまだメルボルンに居たい気もするがケンの希望で終了!!!

ちなみにケンの帰国日は3月15日くらいでそれまでにパースまで必ず行かなきゃならないのだ。 そして あまり金を持ってないケンは少し焦っているのかもしれない・・・・   

そんなこんなで 8時半にミュージアムの前に集合のはずがケンは来ない・・・・・・ どうした?   携帯の電波も通じない・・・・・

どうした?    もしかして おいてけぼり?????!!!!

と よからぬ事を考えているとケン登場!!! 内心ほっとしたのもつかの間、 スターターの調子が悪いらしく朝からずっと一人で悪戦苦闘していたらしい・・・・・
 やっとの思いでここまで来たが   あれ   またかからない!!!!   何度やってもだめっす。

どーしようもなくなり とりあえずケンが携帯電話でNRMA(日本のJAFみたいなもの)に電話する。
スターターが動きません。

20分待って ようやく風格の出すぎた老人が来た・・・・
大丈夫っすか? って聞きたくなるくらいの落ち着きぶり!!!

なんかチョコチョコとエンジン内部を触って なんかボソボソ言ってる!!!  見た感じ あまりの適当さぶりに笑いをこらえながら見ていると 小さい鉄の棒でスターター部分を  コツンっ

エンジン始動!!!!   まじ笑った。

老人プロは「スターターを軽く叩けばかかるよ!!!」と捨て台詞を残し去っていった。  
しばらくは大丈夫だそうだが こらからパースまで行きたいけど行ける??と聞いてみたら 鼻で笑われたのは言うまでもない。

P2090144.jpg


その後 休憩するたび コツン の 繰り返し。

楽しく小雨の降る中走っていたら パープル色の湖があった。

わかるだろうか? ほんのり赤いんです。

 
途中は何もないのでケンと運転交代しながら走っていると、気付けばアデレードINしていた。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.12 | Comments(4) | Trackback(0) | オーストラリア旅

グレートオーシャンロード!!

2005年2月8日 ラウンド 4日目



グレート・オーシャンロード!!!! 日本で流れてた車のCMで宇多田ヒカルの音楽に合わせて何kmにも続く崖の淵を車が走る映像を見たここはないだろうか?
 
今日はそこに向かいます。

日帰りのツアーを組み朝7時のバスでメルボルンを出発し、途中 ハリネズミと出会う。   まじ愛くるしい。 

向かっている時のバスの車窓から見える風景もスケールが全然違ってて己の小ささに気付かされる。

まず12人の使徒!!

なんかこれ 折れたらしいしょ?

P2080110.jpg

自分の手を置いて写真を撮ったが いまいちこの迫力って
写真では絶対に伝わらないっすわ。

ロンドンブリッヂ

やはり この迫力も伝わらず・・・・・

いいカメラがほしいっす。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.12 | Comments(0) | Trackback(1) | オーストラリア旅

メルボルンにて初バッパー!!!

2005年2月7日 ラウンド 3日目   。人気blogランキングへ押さなくても可


まだケアンズ・シドニー・キャンベラ・メルボルンしか見てないけど
なんか オレ メルボルンが好きかな。
P2070068.jpg


なんかシドニーよりゆっくりしてて結構栄えてるのにセカセカしてないような気がする
魔女の宅急便

そしてケンと話して3日ほどメルボルンに滞在することにした。

泊まるところはGreenHouse!! 初 チェックイン!!

バックパッカーとは旅人が集まる宿で一部屋6人くらいで各国の人達とセッションできる場でもある。!!

ハッキリ言って英語が分からない俺は片言のENGLISHでキャナイステイアルーム???   なんとか通じたらしい・・・・

その後ケンと二人でセントキルダーの海に行って 帰りの渋滞に巻き込まれる     結局 シドニーといっしょだわ。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.12 | Comments(2) | Trackback(1) | オーストラリア旅

太陽の形の道路。キャンベラ

2005年2月6日  ラウンド 2日目

寝ている姿勢が悪かったため体の痛みで目が覚める。

そして車の外で伸びをして歯を磨いて車に乗ろうとドアを開けようとしたら 「 ポキーーーン!」・・・・・・・・

ドアの内側で何かが壊れた音が・・・・・・」

ドアが開きません。壊れました。   しばらくの沈黙・・・・・

もとから右後ろのドアは開かなかったが 運転席と左後ろのドアは大丈夫だから 先に進んだ。

すると  しばらく走って異常なく次の目的地メルボルンに向かっているはずが 30kmくらいシドニー方面へ戻っていたのである。

キャンベラマジック!!!!   キャンベラの道路はエリザベス女王が居る所を中心に太陽から後光の光がさしている様になっているのだ。

まんまと自分らは適当に走り結局方向感覚を乱される。

ま フリーウェイ(日本の高速道路のような道路)には乗っていたがUターンができ いざメルボルンへ!!!

順調に100kmくらい走っている所で 車内から煙が出ていることに気付きあわてて Trak Area(高速の休憩所みたいな所)にとめて オイルを点検してみるとゲージの先っちょしかオイルが付いてなく すかさずpour!!!  OK OK ジュンチョー!!!!

結局10時間費やしメルボルン 到着!!!!!PM9時!!
土曜日の夜だってのに全然人が歩いてないし!!!
暇なのでとりあえずメルボルンの町並みチェック!!!

結構いい感じの所です。 駅 かっこいいし。

夜飯はハンジャで食って 外でタバコを吸ってたら今度はアボリジニーに絡まれる。

彼は格闘技のエキスパートらしく「酔拳」の達人らしい。
拳法ごっこでタワムレテ 結局 住宅地のパーキングで就寝。。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.12 | Comments(0) | Trackback(0) | オーストラリア旅

ラウンド第一章 ~シドニーからパースへ~

2005年2月5日 ラウンド 1日目
P2050061.jpg

結局、朝5時まで金さんとチカちゃんと今後のラウンド情報&これからの人生の歩き方をフカーーーイ所まで話す。

眠たくなかったっすねーーーー  まだ明日の準備はしてないけど・・

正直 金さんとの出会いはスッゲーー刺激が強かった!!!
こういう出会いは日本では絶対に味わえない!!!
うまく説明は出来ないけど人からパワーをもらうってスゲーーわ!!


そして朝の7時、ケンがワールドタワーに来て、金さん・チカちゃん・ここのオーナーのアヤさんに別れを告げる。

そして 出発!!!!!

まずシドニーからとりあえずジョージストリートを南下し
ケンの住んでいたシトラスフィールドの Kマートにて車のラジエター液を買って2階のウールワースへエレベータに乗ってると
前方から下ってくる日本人女性と目が合い、その女性は「ヨシくーーん!!! まだ日本に帰ってないのーーー?????? お婆ちゃんは大丈夫なのーーーーー???????」・・・・・・・

あのかなり揉めたラリングアの受付嬢なのである。

俺は「来週になりましたーーー。」と軽く返事をし、自動的に通りすがって行く彼女を見続けることをやめ、ケンと俺はウーリーへ姿をくらますのである。


いやーーー広いはずのオーストラリア・・・・せまいっす。向かってる途中・・なにもありません。



そのあとは 大体5時間くらいかけてオーストラリアの首都キャンベラに着いたけど、人っ子一人居ねーーの、しかも土曜日の夜の9時だっつうのに・・・
でも 街中に小さい広場があり人が集まってるんが見えたんで行ってみたらデッケーースクリーンに映画が映っていて そこには老若男女問わず集まってた。  まーーじ ほのぼの。。。。。。。

でもやっぱりキャンベラはつまらん!!! 結局ラウンド1日目は道路のスミッコで二人で缶ビール(VB)のんで キャンベラ終了ーーーー!!!

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.12 | Comments(0) | Trackback(0) | オーストラリア旅

オーストラリア 珍ニュース!!

今日YAHOOニュースを見ていたら・・・・・・

んーーーー、考え深いニュースが・・・・・

でもなんか  あ  オージーならねーーーと 妙な
納得感があったのはなぜだろう?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060307-00000603-reu-ent豪人女性5日間漂流

ニュース内容
「[バンコク 7日 ロイター] 海難事故で遭難していたオーストラリア人女性が7日、海を漂流中の5日間に自分の尿だけを飲んで生き延びていたことが明らかになった。
 奇跡的な生還を果たしたのは、タイのリペ島近くで行方不明になり、3月2日に捜索願いが出されていたドミニク・クルテーユさん(57)。碇泊中のヨットに戻ろうとして岸から小型ボートを漕いでいたところ、高波にさらわれたという。
 タイおよびマレーシア当局が航空機などを使った捜査を行ったが発見されず、その後、小型ボートにつかまっているクルテーユさんを台湾船籍の漁船が見つけ保護した。
 クルテールさんは病院関係者に対し「日光を避けるために日中はボートにつかまって泳いでいた。自分の尿を飲まざるを得なかった」などと語った。 
 病院関係者はロイターに対し、クルテーユさんの健康状態は良好だとと述べた。」

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.08 | Comments(0) | Trackback(0) | オーストラリア旅

ラウンドの行きかた教えます。お金が無い人編

車でラウンドしたい人、(お金が無い人)必見な情報です。

今日はラウンドについて話したいと思います。

ラウンド・・・・・・ ワーホリ行ったら絶対行けよ!!
  行けば分かるさ・・・・・なんだけど

どのようにしてラウンドをする気分に自分をもっていくか???
についてです。

なぜ私がラウンドをここまで押し付けがましく推薦するかというと

まず 都心部に行くと、日本を出たときのあの気持ちを完全に
忘れてしまっている人が山ほど居ます。

なぜかというと正直、楽な方向に流される人が大多数で
これでいいやーーーって思う人がほとんどだからです。

都心部でそうじゃない人も沢山いますが マレです。
特に初めにシドニーに入った人はそのままシドニーアウトという
人も少なくはありません。

 ラウンドで味わえるものは時間の縛りがありません。
そして何もかも自由です。
悪いことも出来るし、いいことも出来ます。 明日行こうが今日
行こうがパースへ行こうがインドに行こうが
全てが気分次第、自分次第です。 フリーーーです。

あなたはなぜワーキングホリデーというツールを使い
こんな遠いオーストラリアへ来たのでしょうか???・

ひとそれぞれ目的はあるかもしれませんが
あえて この文章についての批判は受け付けません。

 ほとんどの人が「英語を学びたい」「自分を変えたい」
「自分を知りたい」
「新しい物が見たい」「異文化交流したい」
   「とりあえず来てみた」
という人達なのだろう。

ちなみに自分は人生をオモイッキリ笑って過ごすという
目的がありました。

さて  ラウンドをするにはいくつか方法があります。

汽車(ザ・ガンとか)
バス(グレイハウンドとか)
車(購入か便乗か)バイクとか
飛行機 等がありますが ツアーを組んでレールのある旅は
ラウンドとは言いません。
ザ・ガンです。


私が車でラウンドしたこともあり ここでは車中心に
話をします。

お金が無い人はおのずと便乗する方法をお勧めしますが

ディーラーで買うのが手っ取り早いが 高いので

まずツアー会社(ナビツアーとかパトちゃんとか)に
張り紙メッセージなり  もっと手っ取り早く
なんかパソコンでパチパチあてもなく無言に調べまくってる
人方に話しかけてみましょう!!!!!

異国の人か日本人かは問いませんが
「これからラウンドを考えている人いますか???」
「仲間募集している人知りませんか????」
「車売ってくれる人知りませんか???」
「一緒に車探しからラウンドをはじめたい人いますか???」
等、、、  
 方法はいろいろあります。

あとは 恥を捨てるノミです。
ここで出会わなかったら はっきり言ってそこに居る人方とは
もう出会いません。

ドラクエで城に着いたら聞き込みをする感覚で・・・・・・
   いや 俺はまじっすよ。

チアーズに書き込みして訴えたり、見てみるのもお勧めです。

たまにベラボウに高額で車を売ります!!という書き込みも
ありますが、 例えば86年車フォード3000ドル!!!
金額相談乗ります。  など等 大抵はその人も1500ドル
位で購入したと思うので1000ドルを切る位で購入すること
が出来るでしょう。

なぜならボロイからです。  走行距離は30万kmは
新しい方だと思った方がいいです。

そして売っている人はラウンドを終え売らなきゃ日本に
帰れないケースもあります。

気を付けなきゃならんのが NRMAという日本のJFAみたい
やつに入っているか?(これは絶対役立ちます。オレは2回
頼んだんですが、2回目は半径200kmなにも無い所で
車が燃えました・・・・・もちろんヒッチハイクで助けを呼びに)
 それと 車の名義とか・・・・ま なにもしないでなんとか
なる人は居ますが(俺)、変更しておくのが大人です。

あとはその人と仲良くする事を心がけて楽しくやることです。

これからワーキングホリデーに行く人
これからラウンドに出る人

色々な出会いが待ち構えていますが、いい出会いばかりです。

やさしくしてくれる人、色々教えてくれる人、
頼れる人、だめな人、面白い人、
色々いますが 全て自分の責任の上での冷静な判断が必要です。

車の旅もメリットもありますがデメリットもあります。

それを踏まえて 私はデメリットを考えず
面白いと思った事に突っ走ってしまいました。

そして最高でした!!! 絶対普通の人は体験しないだろう
事だらけっす!!!   はっきり言って
死ぬかもしれないけど 面白い経験でした。

 少しでも”やりたい”と思ったら 「オーストラリア」なんだし
羽目を外してみたら 意外とうまく行き そして
気付いたらレベルが10上がってることでしょう!!!

迷わず行けよ 行けばわかるさ・・・・


ちなみに私は700ドルで買って 修理代1500ドル
かかりました。  笑・・・・

 西オーストラリアを車で走破したい人は気をつけて下さい。
気温が半端ナイです。 車が燃えるほどです。(まじ)

詳しい事はこれから少しずつ書いて行こうと思ってます。



テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

2006.03.07 | Comments(0) | Trackback(0) | オーストラリア旅

きちがい日記 また書きますわ。

これは去年の10月に福岡県甘木のコスモス畑に行ったときの写真です。
IMGP4948.jpg

なまらきれいでした。
死の一歩手前です。

これは少しボケてるのが痛いですが 今考えてもよくアソコに立てたなと思いますわ。 ちなみに 去年の2月のオーストラリアのナラボー平原。 

グレートオーシャンロードが子供に見える場所。

あと一歩で 死 の世界。

まじリアルでしたわ。  もうそろそろ その頃(2月~9月)の日記をブログに書き下ろそうと思っています。

2006.03.06 | Comments(0) | Trackback(0) | 日本旅

«  | HOME |  »

FC2Ad

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
うるう年(2月29日)の15分前に生まれる。
If 29日に生まれてたら、現在7歳。
自慢:背中に二等辺三角形のホクロあり。
ばあちゃんも同じく二等辺三角ホクロを所有しているが、
ばあちゃんはホクロがボタンになっている。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。